教育図書 技術分野のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1回目ブログです

<<   作成日時 : 2013/01/22 08:32   >>

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

おはようございます。
1回目のブログとなります。
何を書こうか悩んでいましたが、とりあえず自己紹介を兼ね技術に関することを綴ろうかなと思います。

みなさまは休日をどのように過ごしていますか。
私は読書と散歩の時間が多くを占めています。
先日、ふと思い立ってこちらに行ってきました。


画像















どこか分かりますか?

東京 原宿駅の近くにある「代々木体育館」です。
私は建築学科出身です。
ろくに建築のことも知らずに入学した当初、友人と建築マップという本を片手に都内を歩き回っていた頃に初めてここを訪れた時は、本当に建築の力というものを感じました。
代々木体育館は、東京オリンピック開催に当たって建造された体育館です。設計は日本を代表する世界的な建築家、丹下健三先生です。代々木体育館の他には東京カテドラル大聖堂や広島平和記念館の設計をしています。
構造は吊り構造というものなのですが、意匠と構造がここまで高いレベルで接している建築物はそうそうないと思います。(山口県の錦帯橋(アーチ構造)も良いですね。橋ですが。。)

さて、なぜ突然代々木体育館を訪れたかというと、少し前に国立競技場の立て替えのコンペが行われ、その最終結果のニュースを耳にしたからです。
代々木体育館ではないのですが、国立競技場も日本人なら「こくりつ」で馴染みのある日本を代表する競技場です。
では、このニュースの何が気になるかというと、国立を立て替えること自体ではありません。
それは、このコンペで外国の建築家の案が採用されたことです。建築家はイラク出身のザハ・ハディッド。もちろんとても有名な建築家で実績もあります。しかし、この立て替えは日本人に設計してもらいたかったというのが私の素直な感想です。このコンペの参加資格を有する日本人建築家の人数も限られていました。しかし、日本を代表する建築物の設計は、日本の風土が分かる日本人に担って欲しかったです。


完成予定の風景はこのようになるみたいです。
みなさんはこれを見て何を思いますか?
(コンペ案のリンク先になります)


http://www.jpnsport.com/



私は北京五輪の際のメインスタジアム近辺の風景を思い出しました。
まるで、これから発展していくアジアのどこかの国みたいだなと。


とりあえず、今回は以上です。

「技術」という感じはしなかったかもしれません。
ですが、技術というものを考える際には、直接的な技術から派生していくものも同時に考えていきたいと考えています。

なるべく更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1回目ブログです 教育図書 技術分野のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる